卵殻膜って何?美容で注目される理由や研究結果のまとめ

今美容に良い成分であると話題の卵殻膜をご存知でしょうか。卵の殻の内側にある薄い膜がありますよね?その薄い膜が卵殻膜と言われるものになります。

普段であれば気にもせずそのまま殻とともに捨ててしまわれていますが、この薄い膜には栄養素や美容成分がたっぷりと含まれているので美容と健康にとても良いと注目を集めています。

この卵殻膜はどんな美容成分で、どのように肌に働きかけてくれるのか、卵殻膜について詳しく解説していきたいと思います。

卵殻膜ってどんな美容成分

文字から見ると卵の殻の膜であることが理解出来ますが、実際に見たことはあっても成分を知らない人の方が多いと思います。ゆで卵にした時に殻と白身の間に膜がくっついています。その部分が卵殻膜なのです。

この薄い膜には一体どんな美容成分であり、どんな効果があるのでしょうか。

原料は卵の内側にある0.07mmの薄い膜

卵殻膜は殻の内側にある薄い膜になります。卵にとってこの薄い膜は非常に大切な役割を果たしているものなのです。

親鳥が卵を産んでから一定期間温めることでヒヨコが生まれますが、卵となって出てきた時点で決して安全かつ衛生的ではない環境の元育たなければなりません。

人間のようにへその緒で繋がって母親から栄養を得ることも出来ないのです。そんな環境の中でヒヨコを育てて守ってくれるのが卵殻膜となります。

たった0.07mmという非常に薄い膜になりますが、外部からの菌や微生物から守ってくれ、細胞を増殖してヒヨコの成長と生命を維持するという重大な役割を果たしているのです。

18種類のアミノ酸とコラーゲン、ヒアルロン酸で構成

卵殻膜は主にタンパク質から成り立っています。拡大してみると線維状になっており、網目のように張り巡らされているのです。この網目は内側は密になっていますが、外側は荒くなっており二重構造になっていることが分かります。

卵殻膜の主成分であるタンパク質は18種類のアミノ酸から構成されており、人間の皮膚や髪に近い構成となります。更にはコラーゲンやヒアルロン酸も含まれており、このコラーゲンが普通のコラーゲンとは違います。

一般的な化粧品に配合されているコラーゲンはⅠ型コラーゲンとなりますが、卵殻膜に含まれるコラーゲンはⅢ型コラーゲンといわれるものになります。このⅢ型コラーゲンは赤ちゃんの肌に含まれているコラーゲンとなります。

年齢と共に減少してしまうコラーゲンで、食材やサプリメントからは摂取の難しいコラーゲンなのです。

卵殻膜に期待できる効果は?

卵殻膜は肌や髪に近い構成の成分だからこそ肌馴染みよく、栄養や美容成分をしっかりと吸収することが出来ます。卵殻膜を構成する18種類のアミノ酸の中でも特にシスチンの多さがポイントとなります。

シミやそばかすなど美白ケアに必須のシスチンは、どんなシスチンを含む食材と比べても圧倒的に含有量が多いのです。そのため非常に高い美白効果を期待することが出来ます。

またⅢ型コラーゲンとヒアルロン酸によってハリと潤いのある肌を作り出してくれる効果も期待出来るのです。

卵殻膜を使用した化粧品やサプリメントがありますが、それぞれの効果は少し違ってきます。化粧品の場合は肌に塗布するため美肌効果を得られますが、サプリメントの場合は体全体に栄養が行き渡るので肌以外のトラブルにも対応してくれます。

卵殻膜化粧品によるスキンケア効果

  • 潤いと透明感のある肌を作り出す
  • 肌にハリと弾力を与える
  • 美白効果
  • エイジングケア効果
  • 肌馴染みが良いので、奥まで浸透する

サプリメントで摂取した場合の効果

  • 肌に潤いと弾力を与える
  • 健康的な髪を作り出す
  • 骨や関節を丈夫にしてくれる
  • 体内・体外のアンチエイジング

こんな人にオススメ

卵殻膜の成分は、さまざまな肌の悩みを解決してくれるので多くの肌タイプの人にお勧めすることが出来ます。

乾燥肌の人はもちろん、年齢と共に肌の元気がなくなったと感じている人や肌のくすみが気になっている人などです。

更にはニキビも乾燥が原因となる場合があるので、ニキビに悩む人にまでお勧めすることが出来ます。

卵殻膜に関する研究

卵殻膜の健康と美容に関する可能性は、研究によっても証明されています。だからこそ信頼して肌や体に取り入れることが出来、高い効果を期待することが出来ます。

以下が研究によって発表された内容となります。

NPO法人 日本卵殻膜推進協会による研究発表

卵殻膜は古くから傷の治癒効果のある素材として知られており、人間の皮膚の再生と保護の働きがあると考えられている。

そこで卵殻膜ペプチド入り化粧水を2カ月間塗布した結果、皮膚の弾性が増加する傾向があることが分かった。

また卵殻膜サプリメントや化粧品を1年以上長期使用を続けると、同年齢よりも顔のシワが少ない傾向が分かった。

更には加齢とともに減少する皮膚真皮細胞のターンオーバーを亢進させて、コラーゲンを高める可能性もある。

東京大学アイソトープ総合センターによる発表

適度な量の卵殻膜が、創傷治癒のプロセスに必須なⅢ型コラーゲンを増やすことを細胞レベルで証明した。

また微粉砕された卵殻膜の摂取が、腸内細菌の集まりに有効なメカニズム作用を発生することが分かった。

美容に取り入れる手段

上記より卵殻膜は美肌作りに最適な素材であることが分かりました。美容として取り入れるには現在様々な商品が発売されていますが、肌から取り入れるものと体内から取り入れるものの2種類に分かれています。

化粧品

肌から卵殻膜の成分を取り入れるには、スキンケア化粧品となります。化粧水や美容液やクリームなどの日頃使用するスキンケア化粧品や、手軽に使用出来るオールインワン化粧品まで幅広くあります。

またシートマスクなどスペシャルケアに使用するものまで販売されています。

サプリ・美容ドリンク

卵殻膜はそのまま食べても、その美容成分は体に吸収されません。そのため体内へ卵殻膜の成分を取り入れるためには、サプリや美容ドリンクでの摂取が手軽になっています。

卵殻膜を加水分解したサプリや美容ドリンクであれば、成分が体に吸収されます。

まとめ

卵殻膜は美容やエイジングケアにおいて注目の素材であることが分かりました。肌に近い成分だからこそ、その美容成分がしっかりと吸収されて効果を発揮してくれます。

何歳になっても潤いと弾力のある肌を維持してくれる、不思議な力を持つ素材といえるでしょう。

ページの先頭へ