卵殻膜に豊富に含まれるシスチンの美容効果

卵の殻に付いている薄い皮部分である卵殻膜は、今注目の美容素材となっています。0.07㎜という薄さながらも18種類のアミノ酸とコラーゲンやヒアルロン酸を自然に含んでいます。

美容と健康に重要な働きをもたらす18種類のアミノ酸の中でも、シスチンの含有量の多さが卵殻膜の最大の特徴といえるでしょう。このシスチンについて詳しく解説していきます。

卵殻膜はシスチンを豊富に含むのが特徴

卵殻膜に含まれるシスチンは、シスチンが多いとされる食品の中でも卵殻膜が最も多く含有しています。

また卵殻膜を構成する18種類のアミノ酸の中でもシスチンは11.6%と、グルタミン酸に続いて多く含有されています。

人の肌と比べると5倍の含有量になるのですから驚きです。このシスチンというのは、一体どういった成分になるのでしょうか。

シスチンって何?

シスチンとはタンパク質を構成するアミノ酸の一種となり、元々髪や爪などのケラチンに多く含まれている成分となります。含流アミノ酸という硫黄を含むアミノ酸です。

2つの非必須アミノ酸であるシステインが結合したものがシスチンとなり、体内では必須アミノ酸であるメチオニンから作られます。美白効果や美髪効果を得られる他、抗酸化作用もある成分です。

体内でL-システインに変化

卵殻膜はシステインが含有されていますが、このシステインは体内に入るとことでL-システインに変化します。

システインはL-システインが2つ結合したものとなります。システインが体内でL-システインに分解されることで、様々な成分と合成されてより良い効果を発揮するのです。

シスチンに期待できる美容・健康への効果

シスチンには様々な美容効果や健康への効果が期待できます。

美白・美肌

シスチンにはシミやそばかすの原因となるメラニンを作るチロシナーゼを抑制する働きがあります。そのため新しく出来るシミやそばかす予防に繋がります。

またチロシナーゼを抑制することで美白効果も得られ、紫外線や放射線から皮膚を守ってくれます。そのため美白効果の高い化粧品やサプリには、シスチンが含まれていることが多いのです。

ターンオーバーの促進

ターンオーバーとは肌の生まれ変わる周期のことで、促進されることで新しい肌が生まれます。20歳頃までは28日前後で肌が生まれ変わると言われていますが、加齢とともにターンオーバーはどんどん遅くなっていきます。

そのため年齢とともに肌のハリが失われ、肌トラブルの改善にも時間がかかるようになるのです。

シスチンには肌のターンオーバーを促進する作用があるため、美肌を保つことが出来るだけでなく肌トラブル改善にも素早く肌が対応してくれるようになります。

ターンオーバーの促進によって、既にあるシミやそばかすも肌の表面にどんどん押し上げられるため改善出来る可能性が高くなります。

髪や爪を健康に保つ

シスチンに含まれる硫黄は髪や爪を生成している丈夫なタンパク質となります。そのためシスチンは体内から爪の再生をサポートして強くしてくれます。

またシステインは髪を太くするコラーゲンの生成をサポートしてくれるので、抜け毛や痛みから改善して健康なものにしてくれます。

更に体内にあるアミノ酸の一種のメチオニンと合成することで、育毛効果を期待することが出来ます。

体内に蓄積した有害金属の排泄

有害金属とは水銀やカドミウムや鉛のことで、食品や土などに含まれています。これらは食事によって体内に入っていくことを避けることが出来ません。

この有害金属や喫煙、飲酒などから作られた活性化酸素を解毒して排泄する作用があります。そうすると細胞が活性化されて、老化や生活習慣病の防止に繋がるのです。

卵殻膜以外でシスチンを多く含む食品

卵殻膜以外でもシスチンを含む食品はあります。その中でも肉類や魚介類など動物性タンパク質に多く含まれています。シスチンを多く含む食品は以下となります。

  • 肉類
  • 魚介類
  • 穀類
  • 豆類

肉類は全般的にシスチンを多く含んでおり、魚介類の中ではカツオや鮭に多く含まれています。またカシューナッツには非常に多いシスチンが含まれています。

シスチンの推奨摂取量はWHOによって定められており、「体重1gにつき15㎎」となっています。つまり約750㎎前後が一日のシスチン摂取目安量となるのです。

普通の食事でも摂取は可能ですが、1日に必要な量を毎日心掛けて摂取することは難しいでしょう。

含有量は卵殻膜が圧倒的に多い

様々な食品にシスチンは含まれており、多く含有する食品もあります。しかしどのシスチンを多く含む食品と比べても卵殻膜に含まれているシスチンの含有量は圧倒的です。

だからこそどの食品を摂取するよりも、卵殻膜がシスチンを多く取り入れられる素材であると言えるでしょう。

まとめ

肌だけでなく、髪や爪、また体内の健康にまで効果が期待できるという万能な成分がシスチンなのです。このシスチンが卵殻膜にたっぷりと含まれているからこそ、美容を様々な面からサポートしてくれます。

他の食品では多量の摂取が難しいシスチンは、卵殻膜を使用した化粧品やサプリでの摂取がお勧めです。

ページの先頭へ